岩田鋼鉄株式会社

焼入鋼帯

自動車業界をはじめ、刃物、ゼンマイ、住環境など、
さまざまな分野に使用されており、お客様の工程省略にも貢献できる
焼入鋼帯を取り揃えております。

特長

硬さが高く、バネ性が強いです

じん性が良いです

耐摩耗性が良いです

プレス品での熱処理レス

焼入鋼帯とは

鋼帯をオーステナイト化温度まで加熱し、その温度から常温まで急冷することで、マルテンサイトという状態に変化します。これをマルテンサイト変態と呼びます。
焼入鋼帯は、このように短時間で急激に冷却、変態することにより熱応力や変態応力の影響を受け、変形しやすい特性を持ちます。
マルテンサイト組織は非常に高硬度でじん性に乏しいため、用途に合わせて「焼戻し」を行います。
焼入れ鋼帯とは、上記のように、みがき特殊帯鋼に熱処理を施した鋼帯で、所定の硬さ、優れた弾性、強靭性、平坦度、緻密な肌を兼ね備えた鋼帯です。

用途例

弊社在庫表 「在庫数」は、常時変動しております。詳しくはコチラよりお問い合わせください。 更新日時:2017年08月29日 11時16分

取り寄せ可能在庫表 更新日時:2017年08月29日 10時50分

焼入鋼帯の表面仕上げ

研磨仕上げ(Polished)

区分 概要
白(Polished) 熱処理後、研磨して仕上げたもの
青(Polished & Blue tempered) 熱処理後、研磨して青色に仕上げたもの
茶(Polished & Brown tempered) 熱処理後、研磨して茶色に仕上げたもの
鏡面(Special Surface) 熱処理後、特殊研磨仕上げしたもの

光輝仕上げ(Tempered)

区分 概要
光輝白(Tempered) 熱処理時に白色に仕上げたもの
光輝青(Blue tempered) 熱処理時に青色に仕上げたもの
光輝茶(Brown tempered) 熱処理時に茶色に仕上げたもの